腰椎すべり症と診断され入院している

腰椎すべり症と診断され入院している

つらい腰痛はこれで予防しましょう

腰痛おこる原因はいろいろありますが、負担のかかる動作をした時や椎間板ヘルニア、坐骨神経痛など傷みが起こるメカニズムはさまざまです。一たび痛みが出でしまうとなかなかとれないため辛い思いをします。

 

マッサージや鎮痛剤などに頼りがちになりなんとか収まるのを待つ状態になりがちです。そもそも椎間板ヘルニアなどは変形により腰椎自体が原因ですから手術しない限り完治はむずかしいですし、神経痛が痛みを起すのも炎症をおさえるしかありません。

 

 腰痛体操をしてくださいと整形外科で言われました。体操と聞くと面倒なイメージですが、痛みが出る部分を筋肉をつけることによってカバーするということらしいです。痛いのに動けないと思いましたができる範囲でやってみます。

 

インナーマッスルを意識して腹筋を鍛えてみるとたしかに違います。インナーマッスルとは深層筋で表面にある筋肉より骨格に近い筋肉のことです。少し積み重ねで痛みの出る部分を保護していけばいいのです。

 

 また過度な肥満はやはり腰痛が起きやすいのでダイエットをおすすめします。通勤などでちょっと1駅だけでもと歩いてみて日々の日課に取り入れたり、お買いものに離れたお店を使うなど普段から歩く習慣を取り入れましょう。歩くと人は知らずにバランスを取っているのでゆがみなどが矯正されます。デスクワークで猫背になりがちな仕事の方も背筋を伸ばしてバランスよく歩いてみてください。

 

 

 自分で出来る手軽な方法で辛い腰痛から解放されましょう。器具もいらずに費用も掛からない誰でも今日から始められます。積み重ねが大事ですが、あの痛みが楽になると思えば試してみるのもいいと思いませんか。自分の身体ですからいたわり、大事にしてあげましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

皮膚


ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る